Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

からあげ Beer Bash を開催(社内イベント)

 先日社内イベントとして、開発部で「からあげ Beer Bash」を開催しました。イベント名は、唐揚げとビール片手に交流しましょう、ということでつけました。今まであまり開発部内でこういったイベントはできていなかったのですが、下記のような意図から今回やってみることにしました。

意図・目的

  • リアルなコミュニケーション機会の増加
  • ディスカッション機会の増加
  • プレゼンの練習の場

 弊社では開発部は自宅勤務を取り入れていることもあり、全員が一堂に会することがあまり多くありません。普段のコミュニケーションはSlackを中心に行っていて、業務に支障はないのですが、やはりリアルなコミュニケーションに勝るものではありません。また、何かディスカッションするにしても、やはり直接話す方がやりやすいものです。なので、気軽に対面でのコミュニケーションをする機会を定期的に持つことで、部内での風通しをさらに良くしていきたいと思っています。

 それともう一つの側面として、各メンバーにプレゼンの練習の場を提供したいということもありました。開発部メンバーといえども技術的なスキルだけではなく、アウトプットのスキルも磨いて、外部の勉強会等でも発表の機会があれば積極的に発表して欲しいと思っています。アウトプットすることによって技術的なスキルも確かなものになっていきますし、個人のキャリア形成、ブランディングにもつながります。また、それが結果的に会社にとってもプラスになります。

事前準備

 今回は業務外の時間ということで、任意で参加者を募りました。発表者もやりたい人がやるという感じで、事前にConfluenceにページを作って、やりたい人は名前と内容を書いておくという形にしました。

 飲み物・食べ物は、からあげ Beer Bash ということで、基本的に唐揚げとビールだけです。色々手配しようと思うと準備が大変になるので。その分、量は多くということで、10人の参加者で唐揚げ100個を手配しました。ビールは以前オフィスで懇親会をやったときの余りがあったのでそれを消費+チューハイを少々買い足した感じです。

f:id:akanuma-hiroaki:20161025084202j:plain:w300,left 唐揚げ 10個 x 10パック。オフィス近くの なか卯 に事前に予約しておきました。

からあげ Beer Bash 当日

 当日は業務終了後に執務スペース内のミーティングスペースのテーブルを移動して、プロジェクタを設置して会場を準備しました。そしてさらっと乾杯した後にとりあえず私から今回のイベントのイントロダクションを兼ねてLTして、その後は発表予定のメンバーで、やりたい人から発表していくという形。特に制限時間等も設けずにゆるい感じでやってみました。

 こういう形でそれぞれのメンバーに発表してもらうというのは初めてだったのでどうなるかなーと思っていたのですが、皆熱心に発表してくれて、聞いているメンバーからの質問もあり、思ったより良い感じのイベントになったのではないかと思っています。

 発表内容についても特にテーマを限定していなかったので、業務に直結するものではなくても、お互いにどんなことに興味を持っていて、どんなことを考えているのかが見えたのが良かったと思います。普段は基本的には業務に関係ない話をする時間はあまり取れないのと、飲み会やランチのときに話すにしても技術的な内容などしっかり話すのは難しいので、良い機会になったのではないかと思います。

f:id:akanuma-hiroaki:20161026082301j:plain

f:id:akanuma-hiroaki:20161025091646j:plain

 一通り発表が終わったところで一旦締めて、後は各自時間の許す限り懇親会という形で、みんな終電近くまで話していました。

良かったこと

 重複するところもありますが、改めて今回開催して良かったことをまとめてみます。

  • 業務と関係ないところでそれぞれどんなことに興味があるかとか、どんなことをやっているかがわかった
  • プレゼンで自分の考えを発表する練習の場になった
  • それぞれの発表に対して質問も複数あり、一方的に話すだけという感じにならなかった
  • 飲み物や食べ物にあまり力を入れ過ぎなかったことで、準備の手間をあまりかけない形で実施できた
  • 唐揚げ100個というインパクト
  • 残さず食べ切れた

改善したいこと

 逆に今後改善した方が良さそうなところもあるのでまとめてみます。

  • 一人あたりの発表の一応の制限時間を設けた方が良さそう。完全自由だと、毎回うまく収まるとは限らないので。
  • 懇親会の方で各発表に対してのフィードバックがもっとあっても良い。発表者のスキル向上のために。
  • リモートメンバーの参加のハードルを下げたい。
  • プロジェクタの性能があまり良くなく、部屋を暗くしないと良く見えないので、明るい中でも良く見える環境を用意したい。(部屋が暗いと雰囲気も暗くなりがちな気がする)

 また、今回は業務とは直結しない内容についての発表&ディスカッションで交流することを意図していたのですが、業務上解決すべき課題についてのディスカッションの時間も十分に確保できてはいないので、そちらもどのようにディスカッションしていくのがいいか、考えていきたいと思っています。

 ともあれ今回はそれなりにうまくいったと思うので、ひとまず月一回ペースで開催してきたいと思っています。唐揚げは増量かな?