Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Ubuntuへmongodbをインストール

Ubuntuにmongodbをインストールしたので内容をメモしておきます。

まずapt-keyを追加します。

$ sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv 7F0CEB10

10genのリポジトリを追加します。

$ sudo vi /etc/apt/sources.list.d/10gen.list
$ cat /etc/apt/sources.list.d/10gen.list 
deb http://downloads-distro.mongodb.org/repo/ubuntu-upstart dist 10gen

aput-getをupdateしてからmongodbをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mongodb-10gen

設定ファイルは下記に置かれます。

$ ls -l /etc/mongodb.conf 
-rw-r--r-- 1 root root 1891  810 00:59 /etc/mongodb.conf

制御スクリプトは下記にあります。

$ ls -l /etc/init.d/mongodb 
lrwxrwxrwx 1 root root 21  810 00:59 /etc/init.d/mongodb -> /lib/init/upstart-job

データファイルとログファイルは下記に置かれます。

$ ls -ld /var/lib/mongodb/
drwxr-xr-x 2 mongodb mongodb 4096  815 22:54 /var/lib/mongodb/
$ ls -ld /var/log/mongodb/
drwxr-xr-x 2 mongodb mongodb 4096  815 22:54 /var/log/mongodb/

mongodbの停止、起動、再起動は下記コマンドで行えます。

$ sudo service mongodb stop
mongodb stop/waiting
$ sudo service mongodb start
mongodb start/running, process 18470
$ sudo service mongodb restart
mongodb stop/waiting
mongodb start/running, process 18531

mongoシェルを起動して動作確認します。

$ mongo
MongoDB shell version: 2.0.7
connecting to: test
> db.test.save( { a: 1 } )
> db.test.find()
{ "_id" : ObjectId("502badfff87e50337751f7b0"), "a" : 1 }