Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Haskell GHCiのプロンプト設定

 参考にしている書籍にあわせてGHCiのプロンプトを変更するために、ホームディレクトリに下記のように .ghci ファイルを作成しました。

$ cat -n .ghci
     1  :set prompt "ghci> "

これでGHCiを起動してみます。

$ ghci
GHCi, version 6.10.4: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
*** WARNING: /home/akanuma/.ghci is writable by someone else, IGNORING!
Prelude>

すると設定ファイル .ghci がオーナー以外のユーザからも書き込み可能になっているということで無視されてしまいました。ファイルのパーミッションを変更して再度起動してみます。

$ ls -l .ghci
-rw-rw-r-- 1 akanuma akanuma 21  618 13:27 .ghci
$ chmod 644 .ghci
$ ls -l .ghci
-rw-r--r-- 1 akanuma akanuma 21  618 13:27 .ghci
$ ghci
GHCi, version 6.10.4: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
ghci>

今度は設定ファイルが読み込まれ、プロンプトがデフォルトの "Prelude>" から "ghci>" に変わりました。