Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ifup されてきました(if-up2017に参加してきました)

 先日ソラコムさん主催の IoT Technology Conference if-up 2017 に行ってきました。ifup というのはLinuxでネットワークインタフェースを有効にするためのコマンドで、参加者それぞれの IoT Technology に関するインタフェースをUPしてほしいということでカンファレンスのタイトルに使われたそうです。セッションの内容はどれも興味深く、参考になるものばかりで、まんまと私も ifup されてきたわけですが、特にソラコムCTOの安川さんによる、「SORACOM Inside」という、SORACOMの設計思想やアーキテクチャを紹介されたキーノートの内容がとても参考になったので、その中で特に印象深かった点を紹介させていただきます。

f:id:akanuma-hiroaki:20170430000154j:plain:w300f:id:akanuma-hiroaki:20170430000202j:plain:w500

 安川さんのセッション資料はこちらで公開されています。

www.slideshare.net

Polaris, Dipper, Hubble

 SORACOMプラットフォームは、パケット転送等の主要機能を担う Polaris(北極星)、認証や課金などの周辺機能を担う Dipper(北斗七星)、監視やデプロイを担う Hubble(宇宙望遠鏡)という要素で構成されているそう。プロダクトの役割と思想がマッチしたこういうネーミングはかっこいいなーと思いました。内部のメンバーとしても、それぞれのプロダクトの役割について共通の認識が持てるのではないかと思います。

ローンチ時からグローバル対応

 SORACOMユーザーコンソールはローンチ時からグローバル対応していて、HTML/JS/CSSによるSPAとして構成し、APIでSORACOMプラットフォームと連携し、S3にアップロードすることでCloudFrontで世界に配信されるようにしているとのこと。また、最初から多言語に対応し、タイムゾーンはUTCに統一しているとのことでした。一度普通のWebアプリとして構成してしまったものを後からSPAの構成に変更するのは大変そうですが、最初からこの構成を意識していれば、確かにS3にアップロードするだけでユーザーコンソールアプリがデプロイできるのは良いなと思いました。タイムゾーンもJSTをベースにしようとすると、色々な箇所でミスなくJSTに統一するのも大変ですし、UTCに統一することができれば後から世界展開するときにも確かに面倒なことが少なそうです。

疎結合化と非同期化

 SORACOMでは各サービス間の連携はs3を経由するなどして疎結合化されていて、一方に障害が起こっても、他方に直接的な影響がないようにしているとのこと。また、データ形式さえ決めておけば、それぞれのサービスの開発も非同期で行えるので、開発速度の向上にも有効なようです。いわゆるマイクロサービスの構成かと思いますが、前述のSPAの構成と同様で、一度モノリシックな構成で作ってしまうと後からマイクロサービスに分けるのは現実的ではなかったりします。スタートアップのサービス立ち上げ当初は特にモノリシックな一つのWebアプリとして一気に作ってしまうケースが多いかと思いますが、マイクロサービスの構成を最初から意識して作られている点はすごいと思いました。

DevOpsとOpsDev

 ソラコムの開発者は全員DevOpsを実践されているそうですが、運用の守りが手薄にならないよう、運用作業省力化のための開発を専門的に行うOpsDevエンジニアを導入されているそう。Hubbleの中でも障害を検知した時は、インスタンスの入れ替えで復旧できるようなものは、自動的に復旧させるようにしているとのことです。検知から通知まではどこの会社でも普通に実施していると思いますが、自動復旧までやれているケースはあまりないのではないでしょうか。また、OpsDevという考え方は聞いたことがありませんでしたが、運用省力化のための開発が好きなエンジニアがいるケースであれば、有効な選択肢だと思いました。うちの会社でも取り入れてみようかと思っています。

当たり前をちゃんとやれてるのがすごい

 講演後に安川さんとお話しさせていただいたときに、「内容としては当たり前のことばかりなので、講演前は聞いている方の反応がどうなるか不安があった」ということでした。マイクロサービスの考え方など、確かに一つ一つは広まっているものも多いですが、それぞれをしっかりとやり切れているというのはなかなかないと思いますし、とても参考になりました。また、システムの構成以外にも、ソラコムさんではリーダーシップ・ステートメントや、毎日行われているSyncというミーティングなど、チームアップの面でも参考にさせていただきたい点が多いので、またお話させていただきたいなぁと思っています。

 それと、今回参加者には参加特典としてIoTデバイスがプレゼントされていて、私は3G SIMのUSBドングルをもらいました。そこでこれを機にRaspberry Piも買ったので、色々やってみようと思います。

 今回一つ心残りだったのは、休憩時間中にまつもとゆきひろさんと玉川さんと3人でお話させていただく機会があったのですが、なかなかこのお二人と一緒に話をさせてもらう機会はないと思うので、3人で写真を撮らせてもらえば良かったと後になって思いました。次に機会があれば撮らせていただこうと思っています。

f:id:akanuma-hiroaki:20170430000122j:plain:w300