SORACOM Inventory Agent のカスタムオブジェクトを実装してみる

先日の記事では SORACOM Inventory が Public Beta になったということでデバイス管理と SORACOM Harvest との連携を試してみました。 blog.akanumahiroaki.com Public Beta になったタイミングで SORACOM Inventory では LwM2M のカスタムオブジェクトが定…

ミニカメラと Seeeduino でタイムラプス撮影

下記のミニカメラが面白そうだったので購入してみました。 www.switch-science.com 基板部分のサイズが 28.5 mm x 17 mm x 4.2 mm、カメラ部分のサイズが 6.2 mm x 6.2 mm x 4.4 mm ととても小さいので、使い方によっては面白いものが作れそうです。今回はと…

SORACOM Inventory によるデバイス管理と Harvest 連携を試す

先日、 SORACOM Inventory が Limited Preview から Public Beta になったという発表がありました。 blog.soracom.jp Limited Preview の時に試させてもらった内容を以前会社のブログに書かせてもらいましたが、 Public Beta になって変更になった点や追加に…

加速度センサー MMA8452Q の値を Seeeduino で読み取る

なんとなく興味があったので、加速度センサーを買ってみました。 www.switch-science.com Raspberry Pi や BLE Nano から使ってみようかとも思ったのですが、公式のチュートリアルでは Arduino での使い方が書いてあり、ライブラリもあるようだったので今回…

CdS + Seeeduino + LED で常夜灯をつくる

子どもが夜中に起きた時に部屋が暗いのが嫌だというので、暗い時だけ LED を点灯させるように CdS セルを使って常夜灯を作ってみました。 CdS セルについては以前 BLE Nano と一緒に使ってみたことがありますが、今回は Seeeduino(Arduino互換機) を使って…

BLE の接続シーケンスを Wireshark で確認してみる

前回 BLE Sniffer と Wireshark で BLE パケットをスニッフィングする方法を書きましたが、 Wireshark で確認できる内容から BLE の接続シーケンスを確認してみたいと思います。手元にあった BLE デバイスで簡単に確認してみた結果を書いてみます。 ADV_IND …

BLE Sniffer + Wireshark で BLE パケットをスニッフィングする

BLE デバイスを使ったシステムを開発していると、BLE デバイスがどんな状態かを確認したいことが時々あります。アドバタイズメントを出しているかは LightBlue などのツールでも確認できますが、通信状態の詳細はわかりませんし、接続後の状態は接続している…

Arduino Cloud に Raspberry Pi を接続して Lチカ

Arduino ではオンライン上でのオールインワンの開発プラットフォームとして Arduino Create というものを提供しています。 create.arduino.cc 以前の記事で使った Arduino Web Editor も Arduino Create で提供されているサービスです。そのほかのサービスと…

ESPr Developer 32 で WROOM-32 を Wi-Fi に繋いでみる

前回 Seeeduino という Arduino Uno 互換ボードで Arduino に初めてさわってみたわけですが、 Arduino Uno は標準ではネットワークインタフェースを持っておらず、 Wi-Fi シールドも技適を通っているものを使うとなると選択肢は少なく、あっても結構高くつい…

Seeeduino(Arduino互換ボード)+ Tinkercad で Lチカ

今まで Arduino は触ったことがなかったのですが、 Arduino 互換ボードの Seeeduino を買ったのでとりあえず Lチカしてみました。 www.switch-science.com Seeeduino は Arduino 互換というだけでなく、 GROVEコネクタが搭載されていますので、 Arduino より…

Voice Kit を Android Things で動かしてみる

Voice Kit は標準では Raspbian で動かしますが、 Android Things を使うこともできるということなので、試しに動かしてみました。 Voice Kit のページから Android Things のチュートリアルへのリンクが張られています。 *1 aiyprojects.withgoogle.com And…

Voice Kit + Dialogflow で来客受付システム

前回は Voice Kit と Web カメラで簡単な対話を行う処理を実装してみましたが、単語での回答に対してテキストマッチングするだけのものだったので、今回はもっと対話的な処理を行えるよう、 Dialogflow と組み合わせて会社の受付システムを想定したものを実…

Voice Kit で顔認識をトリガーにして対話する

前回は音声によるリクエストをトリガーにして、カメラ画像からの顔認識結果を返しましたが、今回は常に顔認識処理を続行し、顔が検出された場合はそれをトリガーにして簡単に対話する処理を実装してみたいと思います。 今回の実装内容 今回の具体的な実装内…

AIY Voice Kit + Web カメラで顔認識(誰かそこにいる?)

前回は Voice Kit + Web カメラで画像を表示しつつ、音声で写真を撮るということをやってみました。今回は Web カメラで撮っている画像の中に人がいるかどうかを顔認識によって判定してみたいと思います。 実装内容 今回の実装内容としては、スクリプトを実…

AIY Voice Kit + Web カメラで画像を表示しながら写真を撮る

前回は Voice Kit に Web カメラを接続して、音声で写真を撮れるようにしてみましたが、カメラにどんな映像が写っているかは写真を撮ってみないとわからなかったので、今回はカメラからの映像をデスクトップに映しつつ、写真を撮れるようにしてみました。デ…

AIY Voice Kit + Web カメラで音声で写真を撮る

前回は Voice Kit にブレッドボードとLEDをつないで音声で操作してみました。今回は手持ちの Web カメラを繋げて音声で操作して写真を撮ってみたいと思います。 Web カメラの接続 今回はUSB接続の Web カメラを使用します。まず接続前の USB デバイスの認識…

AIY Voice Kit にブレッドボードをつないで音声で LED を操作する

前回 Google AIY Voice Kit を購入してマニュアル通りに組み立ててサンプルプログラムを動かすところまでやってみましたが、やはり Voice Kit が Google Echo と違って面白いのは Raspberry Pi ベースであるからこその自由度ということで、今回はとりあえず…

Google AIY Voice Kit を試してみる

Google AIY Projects の Voice Kit を買ってみたのでとりあえず試してみました。 aiyprojects.withgoogle.com こんな感じのパッケージで届きます。 別途 Raspberry Pi や micro SD カード等も必要なので、単純にスマートスピーカーとして使うだけなら Google…

Alexa Voice Service(AVS) のサンプルを Raspberry Pi で動かす

Alexa Skills Kit(ASK)の実装は以前試してみましたが、 Alexa Voice Service(AVS) はまだ試してみていなかったので、今回は AVS のサンプルアプリを Raspberry Pi で動かしてみました。基本的には下記のチュートリアルの内容をトレースしたものです。 gi…

AWS Greengrass のデバイスコードを Python版 SDK で実装してみる

前回は AWS Greengrass の公式ドキュメントで紹介されているロボットアームのシナリオをそのまま動かしてみましたが、手順をそのままトレースしただけだったので、内容の理解のためにも Python 版の SDK を使ってデバイス用コードを実装してみました。 具体…

AWS Greengrass のデバイス連携のシナリオを試す

前回 Greengrass Core を単体で Raspberry Pi で動かすチュートリアルを試しましたが、やはり複数デバイスを連携させてこそ Greengrass のメリットは大きいと思いますので、公式ドキュメントで公開されているロボットアームのシナリオの例を試してみたいと思…

AWS Greengrass を Raspberry Pi で動かしてみる

AWS re:Invent 2017 では今年も多数の新サービスが発表されましたね。その中には IoT や AI 関連のものも多く、 エッジデバイス上で Machine Learning の推論が実行できる AWS Greengrass ML Inference などはとても興味深いです。が、そもそも Greengrass …

Arm Mbed Cloud によるデバイス管理&リモートアップデート

12/8(金)に Arm Mbed Connect 2017 のワークショップに参加してきました。 armkk-event.com このワークショップでは Mbed 対応の開発ボードで実際にコーディングしたり、 Mbed Cloud でのデバイス管理などを体験できるハンズオン型のワークショップで、下…

Alexa Skills Kit + AWS IoT + Raspberry Pi + 赤外線LED でテレビリモコンを作る

Amazon Echo や Google Home では Fire TV や Chromecast 等と組み合わせることで音声でテレビを操作することができるようになりますが、今回は Amazon Echo と Raspberry Pi を連携させ、赤外線LEDなどと組み合わせることでテレビを操作してみたいと思いま…

Alexa Skills Kit でスロットを使ったスキルを実装する

前回は Alexa Skills Kit で、起動のリクエストを受け付けると決まった処理をしてレスポンスを返すだけのシンプルなスキルを実装してみましたが、今回はユーザからの入力値を使って処理をするスキルを実装してみたいと思います。具体的には、前回は順番決め…

Alexa Skills Kit でシンプルなカスタムスキルを実装

前回 Amazon Echo Dot の初期設定と既存のスキルを使ってみるところだけやりましたが、今回は自作のスキル(カスタムスキル)を実装してみます。Alexa では対話形式で複雑な処理を行うスキルも実装できますが、まず今回はシンプルに、スキルを起動したら結果…

Amazon Echo Dot 開封から初期設定など

先週招待リクエストを登録しておいた Amazon Echo Dot ですが、今週水曜日(11/15)に招待メールが来たので早速購入。昨日(11/16)に届いたので、開封から初期設定まで行い、軽く使ってみました。 www.amazon.co.jp パッケージと外観など こんな感じの青い…

Amazon Lex を AWS SDK for Ruby から試す

日本でも Amazon Echo の発売が発表されました。私もとりあえず招待メールをリクエストしておいたので、購入できたら Alexa のスキルを色々試してみたいと思ってますが、その前に、今更感もありますが Amazon Lex を理解するためにチュートリアルなど試して…

yotta で micro:bit を mbed オフラインビルドする

前回オンラインエディタで micro:bit のプログラムをビルドして動作させてみましたが、 micro:bit は mbed にも対応しているので、今回は mbed を使ってオフライン環境で CLI からビルドしてみたいと思います。 mbed の Web IDE もかなり優秀だと思うのです…

micro:bit + 焦電センサーで人感センサー

最近 micro:bit を購入したので、今回は micro:bit と焦電センサーを組み合わせて、以前の記事でやったような人感センサーを作ってみたいと思います。 blog.akanumahiroaki.com micro:bit とは micro:bit とは、イギリスBBCが主体となって教育用に作られたマ…